マンモグラフィ(乳房X線検査)は、乳房を専用の機械で平たくして、レントゲンを撮る検査です。
触れることの難しい早期乳がんを見つけることが目的です。

料金: 5,500円(税込) 要予約

こんな方におすすめ
  • 乳房の病気をしたことがある
  • 血縁者に乳がんの方がいる
  • 未婚
  • ホルモン剤を服用している
  • お産をしていない
  • 初産が30歳以上
  • 初潮が10歳以下
  • 閉経が55歳以上
検査方法
  • 検査時間は約15分です。必ず女性技師により撮影を行いますのでご安心ください。
  • 乳房を装置に挟んで撮影をします。
  • より良い写真(画像)を撮るために、乳房をなるべく均一に圧迫します。
    そのため個人差はありますが、痛みが伴う場合もあります。少しの間頑張ってください。
  • 以下の方はマンモグラフィーをお受けできません。超音波をおすすめします。
    妊娠中、豊胸術後、ペースメーカー挿入、脳室-腹腔内短縮(V-Pシャント)、前胸部静脈ポート留置
【注意】乳腺の発達した若い女性(10代・20代)や授乳中の方は、写真が白く写るため、診断が難しくなります。
乳房検査は年齢や、乳腺の量、被爆を考慮して以下のようにお勧めしています。
  • 20歳代

    乳房超音波

    乳腺が発達しているため、マンモグラフィでは判定が難しいので、乳房超音波での検査をおすすめします。

  • 30歳代

    乳房超音波

    初回はマンモグラフィと乳房超音波の両方、ともに異常がなかった方は、翌年以降、年に1回の乳房超音波をお勧めします。2~3年に1回、マンモグラフィを併用するのもよいでしょう。

  • 40歳代

    マンモグラフィ 乳房超音波

    初回はマンモグラフィと乳房超音波の両方、ともに異常がなかった方は、翌年以降、マンモグラフィと乳房超音波を交互に行ってもよいでしょう。1~2年に1回、両方するのもお勧めです。

  • 50歳代

    マンモグラフィ

    乳腺が脂肪に変化してくるため、マンモグラフィを基本とし、下記にあてはまる場合は、乳房超音波の併用をお勧めします。

チェック
  • 閉経していない
  • 出産または授乳していない
  • 初産が30歳以上
  • 初潮が10歳以下
  • 閉経が55歳以上
  • 血縁(祖母・母・姉妹)に乳がんになった方がいる
  • ホルモン剤を服用している
  • 乳房の病気になったことがある

※乳房超音波検査についてはコチラ

※しこりを感じている方や、過去の精密検査で乳腺外科での経過観察を指示されている方、乳腺外科に通院中の方は健診ではなく乳腺外科で検査を受けられるようお勧めします。

オプション検査に戻る